月別: 2015年7月

やっぱり交際費が調整しにくいので困る

例えば、交際費・生活費・美容代・洋服代、ママ友との付き合いなどなぜ困ってしまうのかなど詳しく教えてください。またお金に困った時どのような対策を取りますか??
普段の生活の中で一番困るのは特に交際費です。
美容代や洋服などはこちらでいくらでも調整が効くのですが、交際費はそうはいきません。
特にいちばん困った時期は20代前半です。

この時期はもともと低給料でバイト時代、しかし何故か結婚ラッシュでした(大体できちゃった結婚)
しかし皆結婚式はきちんと挙げていて、招待もされるので学生~学生時代の私にはかなり出費でした。
あまり良いことではないのですが、あまりにご祝儀貧乏になった時期は毎月実家に入れていたお金を少しだけ値下げしてもらっていました。

それからは堅実に貯金をするようになり、恐らく人生で一番出費が弾むと思われる20代後半~30代前半の結婚&出産ラッシュが続いても何とか自分の貯金で賄えています。

しかし貯金とは言えいっぺんに支出がかさむと自然と節約モードになります。
しかしこれだけ節約しているのに、節約できた時に限って無駄な一時出費が増えます。

これが家電の買い替えや医療費などです。
何故か節約できた時に限って起こるので結局貯金もあまり貯まりません。

生活に支障が出るほどの支出ではないですが、やはり生活に支障が出ても困るのでおかげさまで毎月すっかり節約モードになりました。
毎回困っているのはやむを得ない「交際費」です。
自分は下戸なので飲めないのですが、職場の飲み会や友達の義理の飲み会などにつき合わされ、完全に割り勘負けをするので本当は断りたいのですが断ることでイメージが悪くなるのも嫌なので毎回お金をドブに捨てる気持ちで参加しています。
それでもどうしても本当にお金が無いときは素直に「お金が無い」と言って逃げます。

借金とまで行かなくても誰かにお金を借りることは極力したくないので、お金が無い時の対策は「交際費を必要最低限に削る」ことです。

借金をしたくない理由は、結婚した当初、家計のやりくりが上手にできず、毎月赤字で貯金を崩したりもしていました。貯金が底をついてしまうのが怖かったので、最低限は残してキャッシングを利用してしのいでいたことがあるんです。。。

ちなみにこういったところで主婦でも借りることができました。

↓↓↓

専業主婦でも借りれできるキャッシング会社

 

驚くことに、かなり多くのキャッシング会社が集客力アップの目的もあって、無利息でのサービスを期間限定で実施しています。うまく活用すれば借入の期間によっては、新規申込からの利息は全然おさめなくても済むことになります。
どこのキャッシングでも利用を申し込むより先、頑張って時間の短いパートくらいの仕事にはなんとか就職しておかなければいけないと思ってください。なお、想像できるとおりお勤めの年数は長期のほうが、事前審査の中でいい方に働きます。
無論便利なカードローンなんですが、利用の仕方を誤ると、社会問題にもなっている多重債務を生んでしまう直接的な原因にもなりかねません。ご利用の際にはローンというのは、借り入れなんだという意識を絶対に忘れることがないようにしましょう。
即日キャッシングとは、確実に申込んだその日のうちに、キャッシングを申し込んだ額の入金をしてもらうことができますが、審査が行われて結果がOKだったということのみで、すぐに振り込みが行われるというわけではない場合もあります。
ぱっと見ですが個人対象の小口融資で、担保などを準備しなくても素早く必要なお金を借りられるという仕組みの融資商品のことを指して、キャッシングだとかカードローンという呼ばれ方をしているところを見聞きすることが、相当数あると思って間違いないでしょう。

 

融資は必要だけど利息は限界まで払わなくていい方法を探しているなら、新規融資後一ヶ月だけは利息が必要ないなんて、うれしいスペシャル融資等がよくある、消費者金融会社(いわゆるサラ金業者)の即日融資で貸し付けを受けることを絶対におすすめします。
融資のための審査は、たいていのカードローン会社、キャッシング会社が情報の確保のために参加している膨大な情報量の信用情報機関を基に、本人の今までのものも含めて個人の状況を調べているのです。キャッシング会社を使って融資してもらうには、事前の審査を無事通過できなければいけません。
ウェブサイトなどで注目されている即日キャッシングについての記事がいろんなところで掲載されていますが、実際に手続するときのきちんとした手順や振り込みまでの流れというのを掲載して閲覧可能なものが、全然作られていないというのが正直なところです。
キャッシング、カードローン二つの相違点については、そんなに一生懸命考えていただく必要は全然ないのです。ですが実際の融資の手続きに当たっては、融資してもらったお金をどうやって返済していくのかに関しては、勘違いや計算違いなどがないかも含めてしっかりと確認したうえで、融資の手続きを始めると失敗は防げるはずです。
取扱い数は増えていますが今のところ、うれしい無利息キャッシングを実施しているのは、プロミスなどの消費者金融会社が提供しているキャッシングを利用した場合だけとなっているわけです。とはいっても、完全無利息でのキャッシングで対応してもらうことができる日数は一般的には30日が上限です。

 

ご存知のとおり銀行から融資を受けている部分は、借金の総額を規制する総量規制の除外金額。ですからこれからのカードローンは、出来れば消費者金融などは避けておくほうが利口だと考えてください。簡単に言えば、申込んだ人の年収の3分の1以上は、銀行以外からの融資をしてはいけないという規制であり、最近よく聞く総量規制なのです。
キャッシングしたいと考えている人は、まとまったお金が、少しでも早くほしいというケースが、大半を占めていることでしょう。昨今は事前の審査時間わずか1秒だけでOK!という即日キャッシングも使われています。
近頃は、数も種類たくさんのキャッシングローン会社を見かけます。一度は見たことがあるCMをやっているいわゆる大手の有名な消費者金融会社だったらどんな会社かわかっているわけですし、不安な気持ちにならずに、必要な融資の申込を決断することが可能ではないだろうか。
申し込み日における勤務年数と、どのくらい長く現在の住所で住み続けているのかもカードローンの審査事項です。本当に職場の勤務年数や、何年間今の家に住んでいるのかのうち片方でも短いときは、それ自体がカードローンの融資の前に必要な審査において、不利な扱いを受けると考えていただいた方がいいでしょう。
街中によくある無人契約機を利用することでお店を訪問することなく、新規キャッシングの申込みを行うというやり方を選択するというのもいいと思います。機械を相手に申込むわけですから、一切誰にも会わずに、必要な額のキャッシングをひそかに申込んでいただくことが可能になっているのです。